iPhone7Plusのデュアルカメラで画質が著しく落ちるケースが起きるワケ。

161106

iPhone初の二つのレンズ「デュアルレンズ」を搭載したiPhone7Plus。先日iPhone7/7Plusにおいてソフトウェアの画像処理の不具合により画質が悪くなる事例が多く寄せられていることを記事にしましたが、実はその問題とは別にiPhone7Plusには撮影ケースによって著しく画質が低下することがあります。ちなみにこれはデュアルレンズを搭載しているiPhone7Plusにだけ起こる事例であり、iPhone7では起きません。

まず本題に入る前にiPhone7Plusの機能のおさらいをします。iPhone7Plusには従来のデジタルズームとは別に光学2倍ズーム機能が付いています。光学ズームとデジタルズームの違いについてはここでは詳しく触れませんが、簡単に言えば光学ズームは画質低下無くズームができる、デジタルズームはあくまでその画像を無理矢理引き伸ばすことで拡大表示している、つまり画質は悪くなると思って下さい。

iPhone7Plusは光学2倍ズームができると謳っているのですが、これは厳密にいえば間違っています。実はiPhone7Plusにはズーム機能は無く、28mmとその焦点距離の2倍である56mmの二つのレンズを搭載することで”実質的に光学2倍ズーム”を実現しているのです。ズームはせずに最初から56mmのレンズで撮影しているというわけですね。そしてこの”実質2倍光学ズーム”を採用した為に弊害が出てきており、ユーザーもその特性を知らないことから知らないうちに画質の悪い写真が撮れてしまうという問題が起きています。

 

光学ズーム撮影時のiPhoneの不審な挙動

問題となっているのはiPhone7Plusの望遠光学ズーム撮影時の挙動にあります。望遠撮影時に使われる56mmのレンズですが、実はこの56mmのレンズが使われずにiPhoneが何故か勝手に28mmのレンズ+デジタルズームで撮影することがあります。先ほど説明した通りデジタルズームは画質が悪くなるものですから、必然的に撮影された写真も画質が悪くなります。この場合28mmのレンズで撮影した画像を引き伸ばした写真になるので、当然ですね。では何故光学ズームをしているのか。それには56mmのレンズの特性にあります。

  • 接写ができない

28mmのレンズは被写体に寄りやすく、接写がしやすくなっています。しかし、56mmのレンズは接写が苦手。最短撮影距離はおそらく40~50cmというところでしょう。そしてこれより短い距離で撮影をした場合、なんとiPhoneは28mmのレンズに勝手に切り替えてしまいます。

  • 光量が足りないところでは撮影できない

夕方や夜、また暗い部屋などといった光量が足りないところでは56mmのレンズは使えないみたいです。こういったシーンの場合、iPhoneは28mmのレンズに勝手に切り替えます。

  • 手振れ補正が無い

光学式手振れ補正を搭載と大々的に謳ったiPhone7ですが、実は28mmのレンズでは手振れ補正が効くのですが、56mmのレンズでは作動しません。

手振れ補正については当然Appleはこんな細かなことまで言わないので、なんだか騙された気分になりますね。56mmのレンズを使うケースというのは当然望遠時ですから、より手振れがしやすい状況での撮影で無いのは痛いです。56mmのレンズが使える状況であったとしても、ブレて撮影された写真が残り画質が悪く見えるというわけですね。

つまり画質低下の原因は、iPhoneの勝手に行うレンズの切り替えとデジタルズームを使う挙動、手振れ補正が実は機能しておらず撮影されることから引き起こすものだったのです。

この辺りのことをテスト、そしてもの凄い分かりやすく解説している動画がありました。私の下手な文章の説明よりもずっと分かりやすいはず。

iPhone7Plusのデュアルレンズは革新的な技術だと思いますが、その挙動がこれではあまりにお粗末すぎますね。綺麗に撮影したい場合7Plusユーザーは常にこのことに注意を払いながら撮影しないといけません。ポートレートモードもまだ発展途上とはいえ、被写体がゴチャゴチャしていると読み切れず不自然なボケを作ることもあるみたいなので、デュアルレンズは搭載するにはまだ早すぎたのかもしれません。

Pocket

2016年11月06日 | Posted in ノート | | No Comments » 

関連記事