手ぶらで“旬撮”カメラとは?2017年日経トレンディヒット予測3位の謎のカメラの正体!

161104

日経トレンディによる2016年のヒット商品の発表に合わせて、来年2017年のヒット予測も30位まで公開されました。その中で唯一カメラ関連でランクインしていた商品があります。しかも3位に。それが「手ぶらで“旬撮”カメラ」という商品なのですが、少なくとも私は全く聞いたことのない商品でした。それで少し調べてみたのですが、聞いたことないのも当然でした。だってそんな名前の商品は存在しないのだもの。

では「手ぶらで“旬撮”カメラ」とはどんなカメラのことを指しているかというと、カメラを手に持つことなく、手ぶらで気軽に撮影ができるカメラとのこと。その中の一つで注目を集めているのが、「ブリンカム」です。ジャンルでいうとウエアラブルカメラになるのですが、なんとメガネに装着をしてウィンクすることで撮影することができるカメラとのこと。誤動作しないか心配になりますが、通常の瞬きでは反応せず強めのウィンクで撮影される為、ちゃんと撮影ができるみたいです。

1611042

カメラやスマホを取り出す必要なく瞬間的に撮影ができるので、決定的なシャッターチャンスを逃しにくいのと、上記の画像のようにブリンカムだと主観視点で撮影ができるので、普段のカメラとはまた違った構図の写真が撮れそうです。手がかかる子供撮影や、旅のお供にも良さそうです。

専用のスマホアプリも同時にリリースされ、Bluetoothでスマホとペアリングすることで簡単にスマホに送信して管理もできるそう。撮った写真を、残す、捨てる、ウェブにあげる、SNSで共有など自由自在に。

一見撮影しているか分からないので、使い方によっては撮影禁止の場面での撮影等、なんだか悪用されないか少し心配になりますが、一応自分確認用くらいのシャッター音はするらしいです。

実際に2017年ヒット商品となるかは分かりませんが非常に注目を浴びていて、販売サイトを見ると数量が限られているのと、テレビで紹介されたのもあり勢い良く売れているみたいです。11月現在でも届くのが最速で1月になるみたいですので、欲しい方はお早めに。

BLINCAM(ブリンカム) https://www.makuake.com/project/blincaminc/

そしてもうひとつ”旬撮カメラ”として注目されているのが小型ドローンのDobby(ドビー)です。

dobby

簡単にいうとスマホで操作するラジコンのようなものを想像してもらうといいのですが、ドローンに高性能なカメラが搭載されており静止画や動画の撮影ができるというものです。重量199gと非常にコンパクトなドローンなのですが、有効画素1300万画素、静止画は4K画質(4208×3120ドット)動画もフルHD/30fpsで撮影が可能。さらに最近のデジカメで主流な機能である顔認識機能や手振れ補正なども搭載されているようで、カメラ性能も非常に優秀です。

そして面白いのがドローンを被写体に自動追尾させる機能までついており、ジェスチャーやボイスコントロールでの操作も可能で自撮りもできるので、まさにこれも”手ぶら”です。

公式動画もありました。これ見る限り凄い楽しそうで欲しくなりますね。現在国内では以下のAmazonにて購入が可能のようです。デラックス版とスタンダード版があり、デラックス版は予備のバッテリーやプロペラ等がセットになっているみたいです。

 

Pocket

2016年11月04日 | Posted in ノート | | No Comments » 

関連記事