ソニー「α6500」が国内正式発売!まさにハイエンドAPS-C機となった性能をレビュー!

a6500

かねてより海外にて先行発表されていましたソニー「α6500」が国内にて正式発表され、発売日、価格も決定しました。予約開始は11月2日より開始で、発売日は12月2日。価格はオープンとのことですが、おおよそ定価は150,000円+税12,000円=162,000円程度だと思われます。市場価格はもう少し下がると思いますので、この価格なら価格差でα6000を買う選択肢はあっても、余程価格下落がなければα6300よりこちらを購入した方が良いように思います。ちなみに海外ではレンズキットの販売がありますが、国内ではボディ単体での販売しかないようです。

最近のソニーの販売状況だとα6500についても供給不足になる恐れがあるので、購入検討している方は早めの予約をした方が良いかもしれません。

 

世界最多、最速のAF 「4Dフォーカスシステム」搭載。

y_ilce-6500_wide_02

世界最多425点の像面位相差AFセンサーと169点のコントラストAFを画面のほぼ全域に配置がされました。これにより小さな被写体も画面の広範囲かつ高精度で高く捉え、動く被写体に対しても素早く端から端まで画面いっぱいに捉え続けることができます。

そしてその高密なAFセンサーを動体追従性能を大幅に向上させた「高密度AF追従テクノロジー」を搭載。α6300も動体に強い機種でしたが、AF性能がアップしていることで追従性能も飛躍的に上がっているようです。前モデルのα6000に対して実に約7.5倍の密度でAF枠を集中配置がされています。

またハイエンドコンデジ最新機種RX100M5にも搭載された世界最速のファストハイブリットAFにより、RX100M5と同じ合焦速度0.05秒を実現しています。私はRX100M5を使用していますが、本当に押した瞬間と同時に合焦する感じです。さらに後述してますがα6500はタッチパネル操作ができるようになっており、画面上の合わせたい被写体にタッチすることで直感的にピントを合わせることができるので、より思い通りに撮影ができるでしょう。

 

恐るべき連写性能。AF性能との相乗効果で動体に強い。

最高11コマ/秒のアフタービュー方式による高速連写に対応。また、表示ラグを抑えてのライブビュー表示で最高約8コマ/秒まで実現しています。そしてRX100M5と同様フロントエンドLSIの大容量化でバッファメモリーを大幅強化、最大307枚(約36秒)連続撮影が可能となりました。

以前にも紹介させて貰ったのですが、実際にα6500の連写性能を試した動画があります。動画中の外国人が思わず「オーマイガ」と唸ってしまうほどの高速連写と連続撮影です。AF性能と相まって動体最強機種と呼べる性能になっています。動体の撮影を視野に入れている、例えば子供の運動会の撮影などもしたいという方には特に向いている機種と言えると思います。

 

サイズ感はそのまま、光学式5軸ボディ内手ブレ補正を搭載。

よくぞこの小さいボディに詰め込んだなという感想です。α6300と同等サイズを維持しながら、ボディ内に手振れ補正が入りました。またα6500はボディのグリップ部分も改良がされていて安定性が増しており、α6300よりかなり手持ち撮影が楽になるでしょう。

またこの手振れ補正は静止画写真撮影の時のみならず、動画撮影時にも有効。静止画、動画時共にライブビュー画面にて手振れ補正効果を確認しながら撮影できます。

 

タッチパネル搭載でフォーカス合わせも可能。

y_ilce-6500_touch-focus

スクリーンにタッチすることでピントを合わせたい被写体を瞬時に選択可能なタッチフォーカスを搭載。ピント位置選択をより直感的にできフォーカスを合わせられる為、AFが迷いやすいような場面でも思い通りにピントを合わせ撮影ができるようになっています。

またファインダーを覗きながら、指で画面をなぞることでフォーカスが合わせられるとのことで、これもかなり便利な機能ですね。ただ気になったのがどうも他社のタッチパネル搭載機種で付いている機能のタッチシャッターが調べましたがありません。タッチフォーカスとタッチシャッターは両方あると便利なのですが。

タッチパネルはかなり細かく設定ができるみたいです。タッチ操作の挙動やエリアの設定が選べたり、縦持ち時のパネル操作の有効無効が選択できたりと自分好みの操作設定が可能です。

 

4K動画ももちろん撮影可能。熱暴走対策もされているらしい。

APS-Cサイズの有効約2420万画素の「ExmorCMOSセンサー」を搭載で、α6300よりも高感度耐性が強くなりました。α6300では常用ISOは100~25600でしたが、α6500では常用ISO 100~51200を実現しており、より高感度撮影にも強くなっています。

そしてこの高解像度センサーで勿論4K動画の撮影も可能です。さらに公式にはアナウンスがないのですが、α6500にはどうやら熱暴走対策が取られている模様です。

知らない方の為に説明をすると、動画撮影はバッテリーを多く消費する上に多く熱を発する為、オーバーヒートする事例があります。オーバーヒートというと大げさに聞こえますが、熱暴走をしたからといってボディが壊れるわけではありません。α6300の場合は一時的に熱を下げる為に撮影を中止し、しばらく撮影ができなくなります。電源を入れ直すことで再度撮影はできますが、ある程度のクールダウンをした方が賢明です。

この熱暴走というのは決してα6300の問題だけではなく、どのメーカーも四苦八苦している状態です。それくらい、動画撮影は熱を帯びやすいのです。そしてα6300は同じAPS-C機に比べてもかなりコンパクトなボディなのでよりこの問題に対し不利な状況でした。結局α6300のこの問題に関してはソニーから正式なコメントはなかったのですが、やはり認識はしており改善を図っていたということでしょうか。

これはNewsshooterのテスト動画で、α6500がオーバーヒートするかどうかのテストをしたものになっています。内容としてはα6500とα6300でどれだけ動画撮影ができるかというものなのですが、α6500が問題なく29分間録画できているのに対して、α6300は18分で止まっています。

ソニーの担当者曰く、通常の撮影であればこの撮影終了後にまた録画をすることができ、再度30分の録画ができるとのことです。また連続で最大どれだけ撮影ができるかどうかは保証していないとのことで、今回公式でアナウンスがなかったのもそういった事情も絡んでいるのかもしれません。

しかしこの動画を見る限りかなり熱暴走問題に関しては改善が図られてるようなので、α6300よりも動画面についてもより強くなったと言えるでしょう。

 

α6500は理想的なスペックを搭載したAPS-C機

α6500はまさにユーザーの理想を詰め込んだ機種に仕上がっていると思います。価格的にもこれだけのハイエンド性能を有しているカメラとしてはかなりお買い得で、価格面で問題がなければ下手なカメラを買うよりα6500を購入した方が満足度が高いと思います。

同時期にキャノンより同じ最新ミラーレスAPS-C機「EOS M5」が発売されますが、性能としてはα6500が圧倒しているので、EOS M5と比較されている方はもう金額との相談だと思います。α6300の発売から一年も経たずしての発表なので、まさにEOS M5に当てる為に発表した感がありいやらしさを感じます。α6300ユーザーからするとわずかな期間でこのスペックアップなので、複雑な心境なのではないでしょうか。

 

Pocket

2016年10月29日 | Posted in ノート | | No Comments » 

関連記事