RX100シリーズに防水ハウジング発売。1インチセンサーで水中撮影ができる数少ないカメラ!

l_ki_housing_rx100_front

先日ソニーより、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショットRX100」シリーズ全モデルに対応する水中ハウジング「MPK-URX100A」の発売が発表されました。発売日は11月25日で、希望小売価格は税別3万円とのことです。RX100、RX100M2、RX100M3、RX100M4のラインナップに加えて、10月21日発売の新モデルRX100M5にも対応しています。

実は他社で非純正であればRX100に対応した防水ハウジングはありました。ただ水中で操作できない部分があったりと、やはり完全にはマッチできていない面がありました。その点純正品は各種操作がしやすい配慮がされており、大きなレバー式シャッターボタンやズームレバー、押した感触が伝わるプッシュ式ボタンの採用など、例えグローブを装着していても快適な操作が可能となっています。

また、アクセサリーシューを搭載しています。純正フラッシュも使用できますが、より暗い水中に対応した外付け水中フラッシュを使用できたり、水中の色調補正用のカラーフィルターを利用した撮影も可能です。

同じ高画質な1インチセンサーを搭載したコンデジで純正防水ハウジングが発売されているのはCanonのPowershot G7X Mark2とPowershot G1X Mark2の2種類がありました。そこにRX100シリーズが選択肢に入ったことになりますが、それでも選択肢はまだまだ少ないですね。

 

1インチセンサーにこだわらなければ水中撮影に対応した他社のコンデジもある

高画質な1インチセンサー搭載のカメラにこだわらなければ水中撮影に対応したコンデジはあります。キャノンと並んで水中撮影に昔から力を入れているのがオリンパスです。力を入れているだけあって外部アクセサリーも非常に豊富で、カメラ自体も防水機能を持っているものが多い為神経質な取り扱いがいりません。

スキューバダイビングをされるような方に非常に人気が高いのが当機種です。RX100と違い被写体に1cmまで寄ることができるなど、マクロ撮影機能が非常に優れていて他機種とはまた違った表現の撮影が可能になっています。

 

こちらはニコンの機種になりますが、手軽に水中写真を楽しめる唯一の機種です。性能面では上記で紹介した機種より劣りますが、ハウジング無しで水深30mmまで対応しています。ハウジングがいらない分一番安くお手軽に水中撮影が楽しめる機種ではないでしょうか。

防水ハウジングは水中撮影のイメージがありますが、ウィンタースポーツや、雪や雨の中での撮影が可能だったりと、確実に表現の幅が広がる面白い商品です。興味のある方は是非購入してみてはいかがでしょうか。

 

Pocket

2016年10月19日 | Posted in ノート | | No Comments » 

関連記事