iPhone7Plusのカメラ性能は?一眼レフ並は本当なのか。

iphone7

iPhone7/7Plusが発表され、そのカメラ性能について話題になりました。特にiPhone7Plusについては二つのレンズを搭載したデュアルカメラとなっており、それにより光学2倍ズームや従来のiPhoneでは不可能だった背景をぼかした写真が撮れ、「一眼レフ並の写真が撮れる」と言われています。

それを可能としているのは搭載した二つのレンズです。28mm相当の広角レンズと、その倍の56mm相当のポートレートなどに使う画角のレンズになります。二枚の単焦点レンズを備えているというと分かりやすいでしょうか。細かいことをいえばiPhone7Plusは光学ズームができるわけではなく、この2枚の単焦点レンズを切り替えることで実質光学2倍ズームを実現しているわけですね。

背景をぼかした写真についてはどういうカラクリになっているのかは分かりませんが、おそらく56mmのレンズで被写体を撮り、28mmのレンズで背景を撮ることでそれぞれを組み合わせてデジタル処理を施しているような感じでしょうか。Appleは発想が凄いというか、魅せ方が本当に上手だなぁと関心してしまいます。

 

iPhone7Plusの実写サンプルを見てみる

発売されてしばらく経ち、続々と購入者の実写レビューが上がってきています。ただ等倍で見れない、加工がしてある、またアップロードの時点で画質劣化を起こしている写真が非常に多く、あまり参考にならないサイトが多かったのでこちらを紹介させてもらいます。
https://www.dpreview.com/news/7934908715/iphone-7-plus-real-world-sample-gallery

海外のサイトになりますが、世界最大のデジカメ情報サイトで信頼できるサイトです。背景をぼかした作品なども等倍で見ることができ参考になります。

こちらを見る限り、十分な光量がある良い条件下で撮影されたものはなかなか綺麗ですね。逆に暗所はセンサーサイズの宿命だとは思いますが、画質低下が激しいかなという印象です。

そして特筆すべきはやはり背景をぼかしたモードで撮影された写真です。正直あまり期待していなかったのですが、とても自然なボケで驚きました。コンデジやアプリでもデジタル処理でボケを作るものはありましたが、不自然なものが多かったのでそれに比べるとiPhone7はかなり優れている出来だと思います。

 

iPhone7Plusの画質は一眼レフ並?

私の率直な感想を言ってしまうと、さすがに一眼レフの画質にはまだまだ遠く及ばないというのが本音でしょうか。iPhone7はスマホのカメラとしては非常に優れていると思いますが、やはりスマホのカメラの域を出ないです。今は大きなセンサーを搭載するコンパクトデジカメも多数あり画質も優れている為、そういう意味ではコンデジ以下の評価となってしまいます。

しかし、上記のサンプルを見る限りは低価格帯のコンデジは確実にiPhone7に追いつかれているのは間違いないです。これはある意味恐ろしい結果で、ケータイにカメラが付いてデジカメの市場はかなり縮小したと言われていますが、この技術の進歩を見ているとますますそれが進んでいくような気がしました。

結局のところ、iPhone7Plusは一眼レフ並にはなっていないけれど、「一眼レフを使って撮影したような背景をぼかした写真が撮れるようになった」というのが正しい気がします。辛口な評価をすることでおなじみなConsumer ReportsがiPhone7Plusのカメラ性能の短期テストを行ったところ、「これまでのところ、iPhone 6sのモデルと比べてカメラの性能に大きな飛躍は認められない」との報告をしており、6/6sユーザーがカメラ性能目当てに飛びつく必要はあまりないかもしれません。

もし前モデルからの買い替えでカメラ性能を基準とするならば、光学2倍ズームと背景をぼかす機能に魅力を感じるかどうかが一つの決めてだと思います。画質に大きな向上が無いとしても、この部分は大きく違ってきます。これらが欲しいならば迷わず7Plus。Consumer Reports によると56mmのレンズは素晴らしいとの報告もあります。逆にレンズが一枚の7についてはこれらの機能が使えませんので、カメラ性能が目当てで7を買ってしまうと、6/6sユーザーは思ったより違いが感じられない結果となりそうです。

 

Pocket

2016年10月05日 | Posted in ノート | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。